日本全国を巡って集める 船の御朱印 「御船印」

公式船印帳

公式船印帳(公式印帳)とは

事務局の制作したプロジェクト公式の船印帳のことです。
公式船印帳にはあらかじめ称号申請のための台紙が印刷されており、そのまま申請ができるようになっています。
公式船印帳は参加社の御船印発行窓口でお買い求めいただけますが、一部お取り扱いのない参加社もありますので、参加社リストページからご確認下さい。

その他、一部参加社ではオリジナルの船印帳を制作しているところもあります。
各社工夫を凝らした個性豊かなデザインとなっていますので、旅の思い出にぜひお買い求め下さい。

※オリジナル船印帳には称号申請用の台紙は印刷されておりませんのでご注意下さい。
※2021年10月現在、オリジナル船印帳を販売しているのは佐渡汽船東海汽船の2社となります。

公式船印帳のイメージ

公式船印帳 「瑠璃(るり)の壱」

ベーシックラインの公式船印帳。
プロジェクトのテーマカラーでもある「瑠璃色」をベースに銀色の箔をあしらったデザインとなっています。
瑠璃色は別名を「海を越えた色=ウルトラマリン」ともいい、その鮮やかな色味は数多の画家に愛されてきました。
このウルトラマリンの原料は中央アジアでしか産出されない宝石だったため非常に貴重で、ときには金よりも高値で取引されたほど。
そのため、芸術家たちはなかなか使うことのできないこの色に憧憬の念をこめて「海を越えた色」と呼んでいたのです。
そんな未知の世界に対する憧れ・ワクワク感が詰まった「瑠璃色」で船旅の楽しさを表現しました。

公式船印帳「瑠璃(るり)の壱」のイメージ

<商品概要>

品名:
「瑠璃の壱(るりのいち)」
希望小売価格:
1,980円(税込)
サイズ:
横12cm×縦18cm×厚さ1.5cm
仕様:
蛇腹式(最大46枚の御船印を貼付け可能)、ビニールカバー付き

公式船印帳 「日本丸の壱」 (別名「帆船・日本丸」)

11月8日頃より各取り扱い参加社にて販売予定です。

日本最大級の船員教育機関である独立行政法人 海技教育機構(JMETS)とのコラボ船印帳。
本体はホワイトを基調としたカラーリングにコバルトブルーでJMETSの練習船「帆船・日本丸」を描いています。
「帆船・日本丸」は1984年に就航した大型帆船で、最速の帆船に贈られる称号を3度受賞したほどの高い性能を誇っています。JMETSでは練習船として数多くの実習生育成に活用されています。

この印帳は、いわゆる「寄付金つきの商品」となっており、収益の一部がJMETSを通じて船員教育に役立てられます。

※期間限定生産

公式船印帳「日本丸の壱」(別名「帆船・日本丸」)のイメージ

<商品概要>

品名:
「日本丸の壱(にっぽんまるのいち)」(別名「帆船・日本丸」)
希望小売価格:
2,200円(税込)
サイズ:
横12cm×縦18cm×厚さ1.5cm
仕様:
蛇腹式(最大46枚の御船印を貼付け可能)、ビニールカバー付き
公式船印帳「日本丸の壱」(別名「帆船・日本丸」)のイメージ 公式船印帳「日本丸の壱」(別名「帆船・日本丸」)のイメージ