日本全国を巡って集める 船の御朱印 「御船印」

御船印とは

御船印って何?

御船印は寺社仏閣でもらえる「御朱印」の船バージョンのことで、全国各地の船会社や海洋博物館が独自の印を発行しています。
御船印を集める船旅が「御船印めぐり」です。

このプロジェクトは2021年4月に日本旅客船協会の公認事業としてスタートしました。
同協会の船旅アンバサダー 小林希さんが中心となり「御船印めぐりプロジェクト事務局」を立ち上げ、御船印の発行サポートや情報発信、御船印を貼る公式船印帳の発行などを行っています。
また、集めた御船印の枚数によって認定される称号制度「御船印マスター」制度も実施しています。

第五八番社 八重山観光フェリー 御船印のイメージ 第二七番社 そともめぐり 御船印のイメージ 第三〇番社 東京九州フェリー 御船印のイメージ 第三四番社 ハートランドフェリー 御船印のイメージ

船印帳はどこで買えるの?

プロジェクト事務局の製作している公式船印帳は、プロジェクトに参加している船会社等の発着地ターミナルや売店などで販売しています。
公式船印帳は蛇腹式で、最大46枚の印を貼ることができます。
ベーシックな公式船印帳「瑠璃」のほか、限定印帳などもありますので、印と一緒に集めてみてはいかがでしょうか。
その他、独自のオリジナル船印帳を発行している船会社もあります。
詳しくは公式船印帳ページをご覧ください。

公式船印帳「瑠璃(るり)の壱」のイメージ 公式船印帳「港街(みなとまち)/神戸」(別名「神戸」)のイメージ

御船印をもらうには?

プロジェクト参加船会社の発着ターミナルにあるチケット販売窓口や売店、船内にある売店などで入手できます。
販売時間はターミナルや船内売店の営業時間によって異なりますので、参加社リストから販売情報を確認してくださいね。
価格はほとんどが300円~500円ほど。

御船印販売のイメージ

御船印にはどんな種類があるの?

プリント版、スタンプ版、手書きなど色々な種類の印があります。
なかには飛び出す仕掛け付きのものや、船印帳にじかにスタンプ数種類を押して完成させるものなどもあります。
船によっては船長がサインや一言を書き入れてくれる場合もありますので、窓口で聞いてみてくださいね。
いずれの場合でも船や航路の特徴や景色をうまく表現したデザインばかりです。
御船印は購入後、自分で船印帳に糊付けするタイプが多いのですが、なかにはシール式で貼れるものもあります。

公式船印帳「港街(みなとまち)/神戸」(別名「神戸」)のイメージ
Page top